2018年の振り返り

2018年のことをエンジニアリングを中心に振り返える。

Work

仕事では大きな変化があった。社内転職をすることができ、アプリなどのフロントを中心としてたまにサーバーサイドの開発もするポジションから、基盤担当へと変わった。

アプリ開発の勢いが全盛期と比べると落ち込んだことや、将来のエンジニアとしてのスキルセットなどを考えると、より技術的に深いレイヤーの開発ができるこのポジションに付けたのは非常に大きい。

フロントなどの時代の移り変わりが速いレイヤーで、フレームワークをただ仕事で使うような状態では、やる気と時間がたっぷりある若者にアッサリと追いつかれてしまうだろう。もちろん上の方のレイヤーであっても、フレームワークやライブラリなどを開発するぐらいの技術力があれば追いつかれることはない。しかし、このレイヤーのエンジニアの大半はそうではない。経験と技術力の双方が必要になる場所で戦っていれば、勢いのある若者でも簡単には追いつけないはずだ。それは個人としての価値につながる。

仕事で取り組んだこととして主要なものはAWSからGCPへのクラウド移行だ。
具体的には、

  • Elastic BeanstalkからGKE+Istioへの移行
  • RDSからCloud SQLへの移行

これらからはネットワークや自動化のためのツール開発などで大きな学びが得られた。

来年はSREのような活動をしていく予定だ。

Book

今年読んだ技術書の中からオススメを紹介する。

Private

2018年は年明けから風邪が続いたり腰を痛めたりと体調が優れないことが多かった。厄年だからだろうか。腰痛対策として始めたストレッチにより体が柔らかくなってつま先に手が届くようになったり、だんだんと風邪を引かなくなってきたりと、終盤には改善が見られた。

2019

体調に気をつけながら技術力を伸ばしていきたい。
ルイさんのCコンパイラ作成入門とかやってみようかな。